3年かけて新築住宅を建てた話。

家さがしは大変。すべてがはじめて、一生に一度きり。 最初に家を建てようと思ってから、完成するまで丸3年かかりました。夫とも意見が合わず苦労しました。 インターネット、本、営業マン、保険屋さん、、、いろいろな方から話を聞きました。 正直、正反対のことを言われたりします。 誰を信じていいのか、何を信じていいのか。 とても悩みました。 その経験が誰かの役に立てばいいなと思います。

見積もりが1000万違う!?費用対効果で考えてみた!

スーモカウンターで紹介していただいた2社(大手と中堅)と打ち合わせをしました。

 

希望した内容もほぼ同じだったはずです。

木造、広さもほぼ同じ、図面上トイレの数やリビングの広さなども同じで配置が違うだけ。

 

そこで出してもらった見積もりが1000万も違ったのです。

 

パンフレットを見比べても、

木造軸組と木造パネル工法の違いはあったものの、

グラスウール、お風呂やキッチンの標準仕様、外壁材などなど素人には1000万も違う要素が見当たりません。

 

木造軸組とパネル工法で1000万も違うの?

それだけの差額を支払ってもパネル工法の方がいいの?

 

注文住宅関係で働いている方に聞くと、2社で同じクオリティのはずはないと言われました。そう、表向きは同じように見えても中身は違うはず。

 

トイレやシステムキッチン、風呂などの設備もブランド名は一緒でも中身は違うことがあります。

 

例えば「TOTOのsazana」というお風呂があります。どちらもこれが標準仕様だったとしましょう。でも、中身は色々選べるんです。

 

浴槽の種類はFRPと人工大理石で価格が違います。シャワーヘッドやシャワーをかける棒、細かなアクセサリーもバリエーションがあります。浴室乾燥機の有無もあるでしょう。

 

どれが標準仕様になっているか(設置される予定で価格に組み込まれているか)で同じsazanaでもクオリティが変わってきます。

 

逆に言えば、標準仕様でない場合追加料金がかかるということです。私たちは浴槽をFRPから人工大理石へグレードアップしました。TOTOで言われた追加額は15万です。(細かく言うと、TOTOからの卸値の掛率が住宅会社毎にあるので実際はもっと安かったです。)

 

金額の高い方の会社には上記額が入っているかもしれません。

 

構造部分でも同じです。

屋根材の下地に使っている部材、

剛床仕様、

大工さんに払っている費用(職人のクオリティ)

目に見えない部分で性能アップしているかもしれません。

 

とはいえ、本当は同じような内容かもしれません。

 

それをどこで見極めたらいいのか。

正直、素人には難しいです。

私も思い悩みました。

 

1000万の差額をどう考えたらいいでしょうか。

安いから品質が悪い、高いからぼったくられている、、、そんな単純に考えられることではありません。

 

私は、家の値段は費用対効果で考えた方がいいと思います。

 

性能やデザインを比較して、価格が高い理由に納得ができれば契約したらいいし、納得できなければやめたらいいのです。

理由が見つからなければ、営業マンに聞いてみるのもいいかもしれません。そこで納得するような答えを出してくれれば、営業マンへの信頼は高まります。納得できなければやめたらいいのです。

 

逆もそうです。

安すぎるのは考えものです。中身がお粗末かもしれません。どうして安くできるのか、納得して建てたほうがいいと思います。

 

間違っても、情で決めないでください。

営業マンの方は熱心に話を聞いてくれます。

なるべく要望を叶えてくれようとします。

それが仕事ですから。

営業マンとの相性も大事ですが、必ず性能や間取りなど納得してから契約してください。

 

余談ですが、実際にそのあとに打ち合わせた工務店2社を比較した時も1000万位違いました。壁材等違いがあるものの、性能や使っている部材のクオリティは互角で、むしろ価格の安い会社の方が住み心地が良いように感じました。その時思った違いは、会社経営の経費の違い(中堅工務店と小さな工務店、小さな工務店は本当に人数ギリギリでやっていた為人件費は最小限)、宣伝費(住宅展示場出店有無)です。

 

とにかく自分が納得できる答えを出してみてください。

 

先程、家は費用対効果で考えると言いました。でも、はじめて家を建てるので、費用対効果を考える基準がありませんよね。

 

そのためには、2社以上と打ち合わせをすること!

 

結局私たちは、納得のいくものにたどり着くまで4社と打ち合わせをしました。

 

打ち合わせを進める会社を決める時に、価格的に競合できる会社を選んでおくと、のちのち価格交渉に役立つのでよいかもしれません。

 

2社と打ち合わせをするのは正直大変です。休日も打ち合わせに費やされる事が多くなります。それでも、打ち合わせの期間としては数カ月〜半年程度です。

 

高額な買い物です。ここで選ぶ会社を間違えると数百万円の借金が増えるかもしれません。

 

もし100万円あればいろいろ買えるし、リッチな海外旅行も行けますよね?

と思えば、頑張れると思います。